グリースの選び方について

   
 
   
   
 
   


  【第一回 グリースの成分と潤滑作用】  

グリースの成分


グリースとは、潤滑油として使う液体を基油に、これに増ちょう剤と呼ばれる親油性の強い固体を分散させ半固体とした潤滑剤です。 増ちょう剤は、スポンジのように、潤滑油を吸収し、潤滑油を閉じ込めます。グリース潤滑では、増ちょう剤に吸収された潤滑油により潤滑性能を発揮します。
* グリースは潤滑油、増ちょう剤の他に、極圧添加剤、酸化防止剤、固体潤滑剤などを添加し、耐久性、耐摩耗性、耐極圧性をさらに向上しています。

グリースの潤滑作用について


静止状態では、増ちょう剤の繊維構造により半体状(ゲル状)ですが、外部からある量以上の力が加わると増ちょう剤の繊維構造が揃い基油(潤滑油)により流動し潤滑します(ゾル状)。

軸受 停止 回転 再停止
増ちょう剤 網目構造(ゲル状) 流動(ゾル状) 再結合(ゲル状)
説明 グリースは静止状態
(ゲル状)
グリースはせん断力を
受け、流動し潤滑
する。
元の固さに戻る。

グリースの性能は、増ちょう剤、基油(潤滑剤)、添加剤の種類の組み合わせにより決定されます。グリースの性能をより判りやすくご説明するため、増ちょう剤、基油(潤滑剤)、添加剤の種類、特長についてそれぞれ解説を行っていきます。次回は、増ちょう剤の種類と特長をご説明してまいります。

閉じる

  【第二回 増ちょう剤について】  

増ちょう剤の役割


グリース中で増ちょう剤は、細長く繊維状の結晶となって油分に分散しており、この繊維状の結晶が絡み合って網目構造(ミセル)を形成し、このミセルの隙間に油が入り込んで、(スポンジが水を吸収して膨張しているように)半固体状になっています。増ちょう剤により、密閉されていない潤滑部においても、オイル分が流出することなく、潤滑剤としての役割を果たすことが出来ます。

増ちょう剤の種類


増ちょう剤はその種類により、グリースとしての耐熱性、耐水性、機械安定性に影響を与えます。使用時の温度、使用環境により増ちょう剤を使い分ける必要があります。
増ちょう剤の種類は大きく分けて、石けん基と非石けん基に分けられます。 (表-1参照)

表-1 グリースの増ちょう剤の種類と性能

増ちょう剤の種類 耐熱性(℃) 滴点(℃) 耐水性 機械的安定性
石けん基 カルシウム石けん 約70 約90
アルミニウム石けん 約50 約80
リチウム石けん 130〜150 約200
リチウム複合石けん 200〜250 約300
非石けん基 ウレア化合物 150〜200 200〜300
有機ベントナイト 150〜200 なし
PTFE 200〜250 なし

《注意事項》
異種増ちょう剤グリースの混合・混入は、増ちょう剤の繊維形状が異なるため、軟化や硬化・耐熱性の低下などグリースの性能劣化に極端に現れることがあります。 せっかく高性能グリースを入れてもその性能が発揮できないことも考えられますので、変更が必要な場合は前のグリースを十分に取り除く事が必要です。

次回は、潤滑油(基油)と添加剤種類と特長について御説明してまいります。


閉じる

  【第三回 基油潤滑油について】  

基油グリース中の80〜90wt%をしめ、潤滑性、耐熱性、低温流動性、耐樹脂性など多くの性能を左右します。鉱物油と合成油に大別でき、鉱物油は石油から分離精製で得られたオイル、合成油は使用目的に応じて、人工的に分子を設計して合成されたオイルを言います。また、合成油をベースとしたグリースは、鉱物油にはない様々な特徴を持たせることが出来ます。(表-2参照)

表-2 基油の種類と特長

基油の種類 耐熱性 低温性 粘度
特性
酸化
安定度
金属
潤滑性
樹脂
潤滑性
耐樹
脂性
耐ゴム性
鉱物油 △〜○


ポリαオレフィン △〜○
エステル油 △〜◎ △〜◎ ×〜○ △〜○ ○〜◎ 使用
不可
× ×
ポリアルキレン
グリコール
フッ素オイル ○〜◎
エーテル油 △〜○ △〜○

一般的に鉱油を基油としたグリースに比べ合成油を基油としたグリースは高価であり、また、使用目的によっては、合成油を基油としたグリースを用いることで不具合の発生の原因となる場合があるため、グリースを使用する箇所の環境を確認し、どの基油を用いたグリースが適当であるかを検討する必要があります。

その他添加剤について


その他、グリースの性能を向上させるため、酸化防止剤、防錆剤、極圧剤、摩耗防止剤、固体潤滑剤などが、添加されています。

次回は、弊社グリース製品について、ご説明いたします。


閉じる

  【第四回 弊社グリース製品について】  

弊社グリース製品の増ちょう剤、基油(潤滑油)、添加剤を表にまとめました。(表-3参照) 使用目的に応じて、製品をご利用下さい。

表-3 弊社グリース製品

製品名 増ちょう剤 基油 添加剤 製品
情報
金属
摺動面
潤滑
ペーストモリブデン
B-1
ベントン
(有機ベントナイト)

金属付着性が良好なため
増ちょう剤にベントンを
採用しています。

鉱物油 二硫化モリブデン
二硫化タングステン
製品情報
821S
インナー
パーツ
専用製品
(耐ゴム
性製品)
ペーストモリブデン
B-2
主に
ポリアルキレングリコール
耐ゴム性が良好なため
ポリアルキレングリコール
を採用しています。
二硫化モリブデン 製品情報
321ポリコール
MINIポリコールS
MT-PASTE80 有機モリブデン 製品情報
MT-300
汎用
グリース
スプレー
ホワイトグリース ウレア
耐水性、耐熱性に
優れています。
鉱物油 PTFE
(フッ素樹脂)
製品情報
グリース
製品
モリコングリース リチウム複合石けん

リチウム複合石けんは、
耐熱性、耐水性、機械的
安定性に非常に優れた
性能を有します。

鉱物油 有機モリブデン 製品情報
モリグリス#240 リチウム石けん

リチウム石けんは、
マルチパーパスな
性能を有します。

鉱物油 二硫化モリブデン 製品情報
モリグリス#300
モリグリスNo.1 鉱物油 二硫化モリブデン 製品情報
モリグリスNo.2
モリグリスNo.3
MBグリース ベントン
(有機ベントナイト)
鉱物油 二硫化モリブデン 製品情報
バイオグリース
EL-2
リチウム石けん基 ポリオールエステル

ポリオールエステルは、
生分解性に非常に
優れた合成油です。

製品情報

グリースについてのご質問、承ります。
ご不明な点、ご使用について、弊社までお問い合わせ下さい。

>グリースの選び方について【全四回】   >ギヤオイルについて【全四回】  
>正しいエアゾール製品の使用方法について【全四回】
  >エンジンオイル添加剤EXシリーズについて【全五回】
>BPシュプレームトラブルシューティング【全三回】

閉じる

(C)Copyright MORIBUDEN BP CO.,LTD. All Rights reserved.