モリブデン製品ならモリブデンBP株式会社へお問い合わせ下さい。ブレーキメンテナンス、エンジン潤滑、ギヤ潤滑、特殊用途、グリース、汎用エアゾールなど。
 
home 製品情報 企業情報 製品安全データシート 弊社からのお知らせ

BPシュプレームクイックコートスプレー

   
 
   
   
 
   

BPシュプレーム クイックコートスプレーについて

BPシュプレーム クイックコートスプレーは、即効、簡単に施工できる撥水光沢カーワックススプレーです。施工はとても簡単、しっかりと撥水、光沢コーティングされ、ボディはもちろん、ガラスやプラスチック、アルミホイールさらに車内のダッシュボードの除菌も同時に行うことができます。

  クイックコートスプレーの使用箇所  

  • 車両外装に
    ボディやガラス部はもちろん、タイヤ、アルミホイール、ドアモールなどメッキ部分、プラスチック部分を問わず使用可能です。
  • 車両内装に
    ダッシュボード、ハンドル部などに使用可能で施工により除菌も同時に行う事ができます。

  クイックコートスプレーの使用方法  

簡単3ステップ作業完了です。

  • 1.カーシャンプー等で砂ほこりや泥を取り除き、十分に洗剤を洗い流して下さい。
  • 2.本品をよく振り、施工面が濡れたままボディやガラス面等へ本品を吹き付けて下さい。
  • 3.乾く前にタオル等で、残った水分を拭き取って下さい。内装は固く絞ったタオル等に
    本品を付け拭き上げて下さい。

  クイックコートスプレーの撥水・除菌  

BPシュプレーム クイックコートスプレーは、良好な撥水性と除菌性を示します。

撥水角測定試験
検査機関: 大阪市立工業研究所
検査試料: BPシュプレーム クイックコートスプレー
試験片: 自動車用鋼板カチオン電着塗装(CED)(黒)0.8×70×150mm
測定方法: 蒸留水1μlを試験片表面に滴下して、着滴した水滴の接触角を接触角測定
装置(CAX-150、協和界面化学)を用いて各試験片5回ずつ測定した。

測定結果

サンプル名 No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 平均
ブランク 80.4 80.8 81.4 82.8 84.7 82.0
クイックコートスプレー 101.3 102.0 101.4 101.4 100.7 101.4



除菌測定試験
検査機関: 社団法人 京都微生物研究所
試験成績書発行年月日 平成24年6月29日
試験成績書発行番号 第8121号
検査試料: BPシュプレーム クイックコートスプレー原液
試験方法: 検査試料10mlに107の菌液0.1mlを接種し、25℃で作用させ5分後の生菌数を測定した。
使用菌株 Escherichia coli(大腸菌)
Staphylococcus aureus(黄色ブドウ球菌)
試験培地 標準寒天培地

試験結果
BPシュプレーム クイックコートスプレー

菌 名 初 期 サンプル1 サンプル2 サンプル3 平 均
E.coli 2.1×105 <10 <10 <10 <10
St.aureus 1.6×105 <10 <10 <10 <10
*<10 : 検出せず   単位 : CFU/ml

施工なし時 大腸菌写真 施工有り時 大腸菌写真
施工なし時 黄色ブドウ球菌写真 施工有り時 黄色ブドウ球菌写真

  使用上の注意  
  • 1.使用前に本品をよく振ってください。
  • 2.本品施工の際は、ボンネット・ルーフ・サイド・ガラス・フロント・フェンダー一面ずつ
    作業を行ってください。
  • 3.厚色の車両の場合はムラになりやすいため、過剰塗布とならない様塗布量に十分
    気を付けるか、ボディに直接吹き付けず水を十分に含ませたファイバークロス等に
    本品を拭きつけ施工してください。
  • 4.むらが出た場合には乾いたタオルや羊毛パッド等を用いて空拭きしてください。
  • 5.施工面が傷んだ車両では十分な撥水光沢効果が得られない場合があります。
  • 6.直接本品を塗布したまま、長時間放置しないでください。
  • 以上
(C)Copyright MORIBUDEN BP CO.,LTD. All Rights reserved.